大阪・梅田で矯正歯科なら、福西歯科クリニックへ
HOME>歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因

普段からの癖

大人の場合、頬杖をつく、指・爪・唇を咬む、一定方向で寝る、口が常に開いているなどの癖も歯並びを悪くする要因になります。徐々に直すように心がけましょう。


食べ方

子供の頃に、軟らかい食べ物ばかりを食べていたり、よく咬まずに飲み物と一緒に飲み込むような食べ方をしていた方は、あごの骨の成長期に、あごが十分に発達しません。その結果、小さなあごに大きな歯が生えるため、歯が並ぶだけの十分なスペースがなく、前後にデコボコとした歯並びになってしまうのです。

虫歯や歯周病による欠損

虫歯や歯周病によって歯を失った場合、そのまま放置しておくと、親知らずに押される、左右の歯が隙間に移動する・空いた所に倒れるなどで、咬み合わせや歯並びが悪くなることもありますので、早めに治療を受けましょう。

病気・アレルギー

扁桃腺肥大や鼻炎などの病気にかかった際に口呼吸を続けた場合、歯を唇で押さえる力が弱くなり、舌の位置が異なったり、口の筋肉バランスが崩れて出っ歯や受け口の要因となる事があります。


遺伝

矯正治療を必要とする患者様は、上記のような生活習慣の積み重ねが原因で歯並びが悪くなった方もいれば、遺伝的な影響で歯並びが悪くなったケースもあります。顔や体型が親に似るように、あごの形や歯の大きさ・本数なども遺伝によってある程度決まってくるのです。ご両親が矯正治療で歯並びをきれいにした場合は、あくまで治療できれいになっているため、ご自身にはご両親の治療前の状態が遺伝します。

お問い合わせ