歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因

虫歯・歯周病

虫歯・歯周病で歯を失うと、空いたスペースに隣の歯が倒れてきたり、親知らずに押されたりして、歯並びや噛み合わせが乱れてしまう場合があります。

お口まわりの癖

大人の方の場合、頬杖をつく、指・爪・唇を噛む、同じ方向ばかりで眠る、いつも口を開けているなど、お口まわりの癖が原因で、歯並び・噛み合わせが悪くなることがあります。

食習慣

子供の頃に、柔らかいものばかりを食べていたり、食べ物を丸飲みしたりするなどの癖があると、顎の骨が十分に発達しないことがあります。そうなると、歯がきれいに並ぶためのスペースが確保できずに、叢生(歯がガタガタに並んだ状態)などの不正咬合が起こる場合があります。

加齢

年齢を重ねるごとに、歯茎が弱くなって、歯がぐらぐらと動くようになり、歯並び・噛み合わせが変化してしまう場合があります。

遺伝

顎の形、歯の大きさ・本数などの遺伝が原因で、歯並び・噛み合わせが悪いケースもあります。

病気・アレルギー

扁桃腺肥大や鼻炎などの病気にかかり、口呼吸を続けた結果、出っ歯や受け口などの不正咬合を引き起こす場合があります。

不正咬合の種類

叢生(乱ぐい歯)

歯がガタガタに並んだ状態です。顎の骨が十分に発達しておらず、歯の大きさとのバランスの悪さなどが原因で起こります。

出っ歯(上顎前突)

上顎が下顎よりも前突した状態です。上顎の骨や歯に問題があって起こるほか、下顎が小さい、前歯の傾きに問題があるなど、様々な原因で起こります。

受け口(下顎前突・反対咬合)

下顎が上顎よりも前突した状態です。上下顎の大きさに問題があるために起こったりします。

開咬(オープンバイト)

奥歯を噛んだ時でも、前歯に隙間が空いている状態です。子供の頃の指しゃぶりなど、お口まわりの癖などが原因で起こります。

過蓋咬合(ディープバイト)

噛み合わせが深く、下顎の前歯に上顎の前歯が被さっている状態です。小さなお子様の場合、そのまま放っておくと、下顎の成長を阻害する恐れがあります。

お気軽にお問い合わせください

「歯並びを綺麗にしたい」、「歯を白くしたい」など
歯にお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

  • 06-6343-7586 診療時間 9:30~20:00
  • bnr_tel_sp.jpg
  • ご予約の方はこちら 24時間受け付けておりますご予約の方はこちら 24時間受け付けております

予約・お問い合わせはお気軽に

所在地
〒530-0001
大阪府大阪市
北区梅田2-5-25
ハービスPLAZA5F
診療時間
9:30~20:00
※最終受付は19:00まで
休診日
日曜・祝日

06-6343-7586

ご予約の方はこちら

  • 根管治療・歯牙移植専門サイト 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック
  • こんなインプラントはおすすめできません! 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック FUKUNISHI DENTAL CLINIC
  • あなたを歯周病から救う 歯周病治療の条件 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック
  • 5-D Japan Pursuing excellence in dentistry
  • さきがけ IMPLANT EXPERT DOCTORS
  • Dctorbook 現役のドクターが推薦する理想の医師たち 当院のドクターが推薦されました!